Starter Content スタート用コンテンツ

Starter Content という機能がWordPress4.7のTwenty Seventeenテーマで実装されました。

この機能は、WordPress4.7を新規インストールした場合のみ有効になる機能で、

インストールして、何も作業しない状態で、Twenty Seventeenをカスタマイザー画面でプリビューしたレイアウトと、ブログを表示したレイアウトが異なって表示されます。

これは、なに?

これまでのWordPressは、基本的に、ブログを表示するプログラムで、インストールした状態では、ブログ形式で表示されるため、例えば、スクリーンショットと比べると全然異なるデザインで表示され、「どのようにすればスクリーンショットみたいに表示できるのよ」といった戸惑ってしまう事がよくありました。

テーマにもよりますが、固定フロントページの設定で、フロントページの指定や、ブログページの指定を行わないと スクリーンショットで表示されているレイアウトで表示できないという、わずらわしさがありました。

スタータ用コンテンツは、これらの固定フロントページやブログページ、ナビゲーションリンクやウィジェットといったものを あらかじめカスタマイザーのプリビューにセットして、プリビューに表示された表示が気に入ったら、「保存して公開」を押すと、プリビューの設定が保存され、表示されていたページやウィジェットが保存されるというものです。

これまで、企業ホームページ用などブログ以外を主用途とするテーマの設定の難解さに、対応する第一歩を踏み出したという感じでしょうか、、、

プリビューに表示されたレイアウトが気に入らず、普通にブログを開いた時のレイアウトが好みだったら、カスタマイザーの「保存して公開」ボタンを押してはいけません。

カスタマイザーを使わずに、ダミーの投稿を一つ作成して保存すれば、次にカスタマイザーを開くと、最初に見えていた「スタート用コンテンツ」は表示されなくなります。

左が、インストールしただけの状態で表示されたTwenty Seventeen 左が、カスタマイザーのプリビュー

関連

Starter content for themes in 4.7 – Make WordPress Core

Using and Customizing WordPress Starter Content| Roots

スターターコンテンツという機能は、あくまで、ワードプレスを新規インストールしてまだ投稿を作成していない状態で動作する機能なので、テスト用のサイトなどで 

この機能の「味見」をしてみようという場合などでは、動作しないだろうと思います。

WordPressがフレッシュサイトかどうかを判定するoptionフィールド ’fresh_site’を変更しましょう

 

functions.phpに


コメントは受け付けていません