• タグ別アーカイブ: javascript
  • 特定のショートコードが存在したら、スクリプトを書き出す

    WordPress3.6から、has_shortcode()コンディショナルタグが追加され、記事本文などに、特定のショートコードがある場合に、スクリプトをロードするといった作業が、簡単にできるようになりました。

    関連


  • template_redirectを使ったスタイル(スクリプト)の埋め込み

    ちょっとしたアイディアを試したいときに、head要素に、cssやjavascriptのリンクを作成し、リンク先に、cssのルールやhavascriptのコードを記述する事ができるtemplate_redirectを使ったスニペットです

    コードを実行すると

    といったリンクが作成されて、リンクをクリックすると

    が表示されます(設定をjsにすれば、javascriptも書けるかも)

    テーマのfunctions.phpに

    Quote

    TinyMCEエディタにスタイルを動的に追加する例

    Ajaxのコールバック関数を使うクールな例

    @source


  • 公開ドキュメントでは、APIからjQueryをロードする

    http://www.ericmmartin.com/5-tips-for-using-jquery-with-wordpress/

    備考
    管理画面用に必要な場合

    と書くことはできますが、このように書くと管理パネルのすべてのページでスクリプトのロードが発生しますので、訂正します。
    テーマやプラグインを作成してオプションページを作成した場合に、そのページだけで使うスタイルやスクリプトが必要になります。

    そのためには、hook_suffixを使います(WordPress3.3)