致命的エラー回復モード

WordPress5.2で、Fatal Error Recovery Modeという機能が追加されました。

テーマやプラグイン等でPHPエラーが発生して、サイトが正常に表示できなくなった場合に、従来は、「真っ白」な画面で表示されて、コードを修正しないと表示できなくなるという問題を解決し

管理画面から、エラーが発生したテーマやプラグインを停止させたり、他のテーマなどに切り替えることができるようになりました。

この機能がどのように動作するのかを見ていきたいと思います。

必要な設定

wp-config.php

この定数は、サイトにエラーメッセージを表示しないように設定します。この設定が行われていない場合、エラーメッセージそのもの表示されてしまうので、回復モードのメッセージが正しく表示されるように、設定を行います。
設定は以上です。

サイトにエラーが発生した場合どうなるのか

日本語

サイトに技術的な問題が発生しています。

サイトで技術的な問題が発生しています。サイト管理者のメールを確認して指示に従ってください。

英語版の場合

The site is experiencing technical difficulties.

The site is experiencing technical difficulties. Please check your site admin email inbox for instructions.

というメッセージが表示され、管理者メールアドレスに、復旧用アドレスが記載されたメールが届きますので、そこから管理画面に入ることができます。

また、発生しているエラーも送信されます。

管理画面にログインすると

といった表示が行われるので、変更を行ったらページ右上の、「リカバリーモードの終了」を必ずクリックします。

以上でめでたく修復と行けば素晴らしいのですが、少し物足りない点もありますので、追記します。

カスタムエラーメッセージを作りましょう

wp-content ディレクトリに、php-error.phpという名前のファイルを作成します。(このファイルはドロップインと呼ばれています。)

HTMLファイルは、ご自身でかっこいいのを作ってください。

テーマ制作などを行っている人は、エラーの度にメールが来るのはちょっと、、、

wp-config.php に定数を追加します。

その他、リカバリーモード関連関数。

Fatal Error Recovery Mode in 5.2 – Make WordPress Core


コメントは受け付けていません。