header.phpやfooter.phpを使わないテンプレートの書き方

オリジナルのテーマテンプレートを作成する場合に、header.phpやfooter.phpなどのパートファイルをインクルードしないで記述したい場合、他のプラグインなどが動作しなくなる事がありますので、代わりにアクションフックを記述しておいたほうがいい場合があります。

トリッキーなテンプレートですが、インクルードしないために、意外と軽く動作することが期待できると思います。

<?php
		do_action( 'get_header' );
?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>無題ドキュメント</title>
<?php wp_head();?>
</head>
<body>

<p><br />content here<br /></p>

<?php
		do_action( 'get_footer' );
		do_action( 'wp_print_footer_scripts' );
		do_action( 'wp_footer' );
?>
</body>
</html>

注意:このような記述のテンプレートは、チャイルドテーマを使う時に、問題が出ます

header.phpや、footer.phpが存在しないためwp-includes/theme-compatにあるフォールバック用のテンプレートが適用されてしまう問題です。(wp3.5)