WordPress Snippet

ワードプレスをカスタマイズしよう

投稿者: tenman

ブロックエディタ 利用できるエディタを制限

投稿日: by tenman

フィルターを使用することで、ブロックエディタで、HTMLモードだけを利用できたり、HTMLモードは使用できなくしたり、ディレクトリー検索を無効にすることができます。
block_editor_settings | Hook | WordPress Developer Resources ブロックディレクトリ検索を停止 gutenberg/editor-filters.md at 6ddbcbdb0383ccc13d17ae4f72f933a9bccce069 · WordPress/gutenbe…

ワードプレスの style script要素、type属性を出力しないようにする。

投稿日: by tenman

The W3C Markup Validation Service などで、WordPressの投稿をチェックすると、以下のようなWarningが表示されます。
あったから、何か問題が出るわけでもありませんが、うっとうしい場合は、簡単に消すことができます。
テーマのfunctions.phpには、最近ではほとんどのテーマで、
HTML5のサポートが記述されていると思います。
Wordpress5.3から、style,scriptが追加されましたので、styl…

致命的エラー回復モード

投稿日: by tenman

WordPress5.2で、Fatal Error Recovery Modeという機能が追加されました。
テーマやプラグイン等でPHPエラーが発生して、サイトが正常に表示できなくなった場合に、従来は、「真っ白」な画面で表示されて、コードを修正しないと表示できなくなるという問題を解決し
管理画面から、エラーが発生したテーマやプラグインを停止させたり、他のテーマなどに切り替えることができるようになりました。
この機能がどのように動作するのかを見ていきたいと思います。 …

WordPress 5.2 リカバリーモード, サイトヘルス

投稿日: by tenman

新しく記事を書きました。以下のリンク先をご覧ください。
WordPress5.2から、管理画面の、ツールメニューに「サイトヘルス」という項目が追加される模様です。
PHPのバージョンチェックや、サイトのおすすめ設定を表示するようになります。
また、サイトでエラーが発生した場合、以下のようなメールを送信してくれるようになります。

WordPress ブロックエディタ gutenberg の使い方 コピーと貼り付け

投稿日: by tenman

いま、Gutenberg 7.4 ですが
この記事は、古すぎて あなたの役に立ちそうもないです。 WordPress5.0で、従来のエディタは、ブロックエディタという新しいエディタに置き換えられました。検索すると、「ブロックエディタに慣れる」とか、「旧エディタを使い続ける」といった記事が多数見られます。
あれから、2か月が過ぎ、早くも5.1のリリース時期が近づいてきました。まだ、マルチサイトなどは旧エディタのままですが、きっといろいろな技?を駆使して投稿している人も増えてきてい…

gutenbergで作成した投稿は、gutenberg そうでなければ classic editorで開く

投稿日: by tenman

WordPress5.0~ で、エディターの切り替え用のコードです。 クラッシクエディタがインストール済みで、ユーザーがエディタを選択できる設定になっている必要があります。
WordPress5.0でクラッシクエディタを有効にした場合、既存投稿はクラッシクエディタで開くようです。 WordPress 5.0-beta3-43865のちょっと手前ぐらいのバージョンから、クラッシックエディタエディタ用のリンクだけでは、旧エディタでは開けなくなっているようです。
(WordPress…

WordPress 4.9.8 ダッシュボードのグーテンベルグPRパネルの削除

投稿日: by tenman

WordPress 4.9.8で、本格的にGutenbergエディタのPRが始まりました。
すでにテストを始めている人も多いと思います。既に使用し始めた人には「このパネルは、ちょっと邪魔になることもあります。」
“Try Gutenberg” Callout in WordPress 4.9.8 – Make WordPress Core より、パネルの非表示を行ってみます。
functions.php パネルのソースは、wp-admin/includes/dashb…