WordPress Snippet

ワードプレスをカスタマイズしよう

  • ブロックエディタ 利用できるエディタを制限

    フィルターを使用することで、ブロックエディタで、HTMLモードだけを利用できたり、HTMLモードは使用できなくしたり、ディレクトリー検索を無効にすることができます。 function snippet_custom_editor_settings( $settings, $post ) { $settings[‘richEditingEnabled’]= false; return $settings; } add_filter( ‘block_editor_settings’, ‘snippet_custo […]

  • アーカイブウィジェットの表示期間を制限する

    長いこと、ブログを書いていると、アーカイブがすごく長くなって、そんなに古いもののアーカイブのリンクを表示したくないといった場合に、 表示を制限する方法を試してみます。 add_filter( ‘widget_archives_args’, ‘my_archive_args_limit’ ); function my_archive_args_limit( $args ) { $limit= ‘2018-7-1’; // 2018 8月から表示 $date_time= new DateTime( $limi […]

  • ワードプレスの style script要素、type属性を出力しないようにする。

    The W3C Markup Validation Service などで、WordPressの投稿をチェックすると、以下のようなWarningが表示されます。 あったから、何か問題が出るわけでもありませんが、うっとうしい場合は、簡単に消すことができます。 The type attribute is unnecessary for JavaScript resources. The type attribute for the style element is not needed and should b […]

  • WordPress 5.3 admin email verification 管理者メールアドレス検証パネルの追加

    メールチェックを定期的に行う機能が、WordPress5.3で実装される模様。 この頻度は、admin_email_lifespan オプションフィールドに保存されるようです[version (5.3-beta1-46312)] // 5.3.0 ‘admin_email_lifespan’=> ( time() + 6 * MONTH_IN_SECONDS ), update_option( ‘admin_email_lifespan’, ( time() + 6 * MONTH_IN_SECOND […]

  • 致命的エラー回復モード

    WordPress5.2で、Fatal Error Recovery Modeという機能が追加されました。 テーマやプラグイン等でPHPエラーが発生して、サイトが正常に表示できなくなった場合に、従来は、「真っ白」な画面で表示されて、コードを修正しないと表示できなくなるという問題を解決し 管理画面から、エラーが発生したテーマやプラグインを停止させたり、他のテーマなどに切り替えることができるようになりました。 この機能がどのように動作するのかを見ていきたいと思います。 必要な設定 wp-config.php d […]

  • WordPress 5.2 リカバリーモード, サイトヘルス

    新しく記事を書きました。以下のリンク先をご覧ください。 致命的エラー回復モード WordPress5.2から、管理画面の、ツールメニューに「サイトヘルス」という項目が追加される模様です。 PHPのバージョンチェックや、サイトのおすすめ設定を表示するようになります。 また、サイトでエラーが発生した場合、以下のようなメールを送信してくれるようになります。 サイトで技術的な問題が発生しています こんにちは 最近サイトがクラッシュしたため、正常に動作していない可能性があります。 原因は次のプラグインです: xxxx […]

  • WordPress ブロックエディタ gutenberg の使い方 コピーと貼り付け

    いま、Gutenberg 7.4 ですが この記事は、古すぎて あなたの役に立ちそうもないです。 WordPress5.0で、従来のエディタは、ブロックエディタという新しいエディタに置き換えられました。検索すると、「ブロックエディタに慣れる」とか、「旧エディタを使い続ける」といった記事が多数見られます。 あれから、2か月が過ぎ、早くも5.1のリリース時期が近づいてきました。まだ、マルチサイトなどは旧エディタのままですが、きっといろいろな技?を駆使して投稿している人も増えてきているのかもしれません。 Word […]

  • gutenbergで作成した投稿は、gutenberg そうでなければ classic editorで開く

    WordPress5.0~ で、エディターの切り替え用のコードです。 クラッシクエディタがインストール済みで、ユーザーがエディタを選択できる設定になっている必要があります。 if ( ! function_exists( ‘raindrops_custom_gutenberg_edit_link’ ) ) { /** * * @param type $link * @param type $post_id * @param type $text * @return type */ function rain […]

  • WordPress 4.9.8 ダッシュボードのグーテンベルグPRパネルの削除

    WordPress 4.9.8で、本格的にGutenbergエディタのPRが始まりました。 すでにテストを始めている人も多いと思います。既に使用し始めた人には「このパネルは、ちょっと邪魔になることもあります。」 “Try Gutenberg” Callout in WordPress 4.9.8 – Make WordPress Coreより、パネルの非表示を行ってみます。 functions.php //ダッシュボードのグーテンベルグパネルの削除 remove_action( ‘try_gutenberg […]

  • 投稿タイトルと、title要素のタイトルの関係

    結論、投稿タイトルには、HTML要素を使用することが出来ますが、title要素では削除されるので、出来るだけ使わないほうがいい。 <abbr title=”HyperText Markup Language”>HTML</abbr>について考える WordPressでは、投稿タイトルにhtmlを使う事もできます。もちろんタイトル要素をカスタマイズすることもできますが、 「HyperText Markup Language (HTML) について考える 」ぐらいの、言葉として十分伝わる […]